美容

女性に多い貧血【症状・原因・改善】

こんにちは!二児のママのちぃです。

いきなりですが、「貧血かな?」と思ったことありますか?

比較的、女性が貧血になりやすいです。

原因としては、

  • 定期的な月経
  • 出産時の大量出血
  • 妊娠中・産後による栄養不足
  • 偏食・無理なダイエット

私は、出産後貧血になって、めまいで倒れそうになった事がありました。

まさか、貧血であんなにフラつくとは思わず、

旦那さんのこうくんが、たまたま後ろにいて助けてくれたので大丈夫でした。

あの時は、いきなり倒れそうになったからビックリしたよ。

今日は、貧血の症状・改善方法についてお話ししていきます。

貧血とは

貧血とは、血液中の赤血球に含まれるヘモグロビンが減ると起こる症状のこと。

ヘモグロビンが必要な鉄分が不足すると、ヘモグロビンがうまく作られなくなります。

ヘモグロビンは血流に乗って酸素を身体中に運ぶ働きをしてくれる大事な役割があります。

貧血になると身体に十分な酸素が行き渡らず体調が悪くなったりします。

僕たちに必要な鉄分が少ないよー。

貧血の症状・原因

症状

僕が少なくなると、こんな事が起こるよ。

貧血と聞いたらめまいぐらいしか分からない人が多いいと思います。

私もそのくらいしか思い浮かばず、調べてみたらたくさんの症状がありました!

めまい・動悸・頭痛・立ちくらみ・耳鳴り・集中力の低下・疲れやすい、鉄分が不足することで、爪が割れやすくなる・氷を無性に食べたくなる・肌が荒れるなどの症状もありました。

原因

女性が貧血になりやすい原因の多くは、毎月の月経・妊娠中・産後・偏食・過度なダイエットなどからです。

毎月の月経では、取り入れている鉄分の量よりも消費される量が多くなることで貧血になります。

妊娠中は、赤ちゃんにも血液を送るため、血液が増加・薄まり、赤ちゃんにたくさんの栄養を送るため鉄分が不足します。

私も妊娠期間は鉄分が不足していて、病院から薬をもらっていたよ。
先生に聞くと妊娠期間中は鉄分不足になる人が多いいみたいだった!

妊娠中に貧血の人は、出産の時の出血・授乳で貧血が長引く人もいます。

偏食・過度なダイエットは鉄分・栄養不足になりがちです。

貧血の改善方法

鉄分不足は日頃の食事から摂るように心がけましょう!また赤血球を作るのに必要なビタミンB12・葉酸も摂る必要があります。

レバー(豚・鶏)、貝類、ほうれん草、小松菜、きな粉、のり、ごま、ひじき、プルーン など
ビタミンB12レバー(豚・鶏・牛)しじみ、あさり、いくら、卵黄、ワカメ、あおさ
葉酸納豆、とうもろこし、ほうれん草、のり、海藻類、枝豆、いちご
おはブログ調べ

鉄はあまり吸収が良くないので、鉄と一緒に卵・肉・魚・乳製品といったタンパク質、野菜・果物・いも類といったビタミンCを一緒に摂ると吸収がより良くなります。

「タンニン」が含まれているコーヒー・紅茶・緑茶・烏龍茶などは、鉄分の吸収率を下げてしまいます。 どうしても飲みたい場合は、食事後30分から1時間空けるといいですよ!                                  

-美容